ふるさと納税でプロジェクトに参加する

【特産品を食べて応援!】2020を目指すアスリートを支援する 高地トレーニング施設整備事業をふるさと納税で応援!

長野県東御市

その他

湯の丸から「センターポールに日の丸を!」を合言葉に、日本唯一の高地トレーニング用プール施設をはじめとした高地トレーニング施設を整備します。
このプロジェクトは、2020を目指すアスリートが使用するトレーニング施設整備の応援となり、東御市を応援することはすべての日本のアスリートの支援につながります!

※東御市内在住の方は総務省の方針により返礼品をお送りできませんが、ふるさと納税として所得税・住民税からの控除を受けることができます。
また、いただいた寄附は湯の丸高地トレーニング施設整備事業に活用されます。

申込受付開始日:2018-11-25
申込受付終了:2019-03-30

返礼品

牧舎みねむら 濃厚味わいビーフカレー5個セット

寄附の使い道

2020を目指すアスリートを支援する高地トレーニング施設整備事業に活用します。

寄附金額

10,000

エントリー数

0

はじめに

本ページをご覧いただきありがとうございます。東御市長の花岡利夫です。
当市は標高1、750m付近一帯の「湯の丸高原」を中心とする国内屈指の高地トレーニングの拠点を目指しており、その施設設立の一部を「ふるさと納税」での支援を募ることとしました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会までにこの施設が整備され、多くの日本選手に活用されれば、メダル獲得への期待が膨らむとともに安心安全な国内での練習による選手層の広がりも期待されます。
東京大会成功の一助となることはもとより、国内施設整備による練習環境向上のため、そして地域住民のスポーツと健康づくりの拠点の整備のためみなさまからのプロジェクトのご支援をお願い致します。

2020を目指すアスリートを支援する高地トレーニング施設整備事業!

湯の丸から「センターポールに日の丸を!」を合言葉に、
高地トレーニングとして活用出来るプール施設をはじめとした2020を目指すアスリートがトレーニングできる拠点になることを目指しています。

このプロジェクトは、2020を目指すアスリートが使用するトレーニング施設整備を応援することになり、東御市を応援することはすべての日本のアスリートの支援につながります!

日本で唯一の高地トレーニング用プール施設を!

2019年6月の完成を目指し、50m8レーンを備えた国内唯一の「高地トレーニング用プール」整備事業を、日本水泳連盟協力のもとに、推進しています。
安心・安全な国内で練習環境が整えば、高地トレーニングもより多くの選手に取り入れられ、選手個人の競技力向上はもとより、選手層強化にもつながっていきます。

湯の丸高原高地トレーニング施設とは?

標高1、750m付近一帯の湯の丸高原内に、
全天候型400mトラック、林間800mジョギングコース、2、500mトレイルランニングコース、宿泊施設、そして国内唯一の50m高地トレーニング用プール施設の完成をさせることで、高地トレーニングの拠点を目指し、施設の整備を進めています。

ふるさと納税を活用したプロジェクトについて

湯の丸高原に「高地トレーニング用プール施設」を建設します。

国内屈指の高地トレーニングの拠点を目指して、まずは国の補助制度を活用して湯の丸高原に陸上トレーニングの環境(全天候型400mトラック、林間800mジョギングコース、2、500mトレイルランニングコース)の整備を行いましたが、
屋内プール施設等の整備までは、単独で着手することができないため、比較的安価で、工期も短縮できる「特設プール」による事業を推進し、そのプール施設建設などに活用します。

なぜ長野県東御市に高地トレーニング用プールをつくるのか。

「次世代育成のためと、競泳チームジャパンのリスクを少なくしたい。」
選手は移動負担、費用増、衛生・安全面の不安を抱えながらも、諸外国の施設を活用し、競技力向上を目指しています。
東御市は首都圏からのアクセスが容易で、日本でも数少ない標高(1、750m)が確保できることから、選手の移動負担が少ない高地で、大会直前まで高い競技力の維持を可能にすることができます。
日本水泳連盟とともに、競泳チームジャパンを応援するため、日本で唯一の高地トレーニング用プールを整備します。

地域住民がスポーツを身近に感じてもらえるまちに。

施設完成をきっかけに多くの市民の方がスポーツを身近に感じてもらうことで、
様々なイベントや選手との交流会などを実施することで、
スポーツ参加率向上や健康増進を実現するまちになることを目指しています。

お礼の品について

牧舎みねむら 濃厚味わいビーフカレー5個セット

●牧舎みねむらは、高い技術や経営力を持つ事業者を表彰する、平成30年農林水産祭・内閣総理大臣賞を受賞しました。

東御市の南斜面のまぶしい太陽の夏、標高900メートルの厳しい冬、湯の丸高原の清らかな水と空気のなかで、地元産天日干し稲藁をモリモリ食べて育った、和牛を使ったビーフカレーです。

お肉ごろっごろの濃厚なビーフカレー。具材はごろっとしたお肉のみ!噛み締めると旨味が口いっぱいに広がります。
丹精こめて育てた、牧舎みねむら自慢の和牛商品をお届けします。

提供:牧舎みねむら

※東御市民の方には返礼品はお送りしておりません

テレビ番組で紹介されました

BS朝日「テイバン・タイムズ」にて牧舎みねむらのカレーが紹介されました。
お笑い芸人ハマカーンも実際に食べて絶賛した、牧舎みねむらのビーフカレーを味わってください!